国立大学法人 福島大学 Header_li福島大学トップページ
CERA 地域創造支援センター
お気に入りに登録(IE)
Header_shadow
トップページ 活動内容 企業のみなさま 地域自治体のみなさま CERA登録研究会 地域・社会貢献事業
福島大学研究者情報 実験機器情報 CERA資料室情報 CERA発行物及び資料目録紹介 企業・自治体からの情報 アクセス・お問い合わせ・リンク
実験機器情報
品名(機器名) 原子吸光分光装置(日立偏光ゼーマン原始吸光光度計)
使用責任者 高安 徹
学   類 共生システム理工学類
外部使用可否 不可
規   格 Z-2000
機器の説明
【原子吸光分光装置】
 試料を高温中(多くはアセチレンー空気炎中や黒鉛炉中)で原子化し、そこに光を透過して吸収スペクトルを測定することにより、試料中の元素の同定および定量を行うことのできる装置。
(工場排水などの水溶液中に含まれる微量元素の検出に用いられる)

 補正精度が高く,試料を選ばない偏光ゼーマンバックグラウンド補正法を採用

添  付
更新日時 07/11/08 15:24

このーページを印刷

WWW を検索 CERA を検索 福島大学 を検索